医療技術が発達したとはいっても・・・

日本の見立て技術はすごい!例年成育をしている!はいいますけど、でも何だか不安を伴うことはありますよね。

身は感冒を引いただけでも「健康で過ごせることって幸せなんだよな」って見まがうので。

身近なチャットとしては、一昨年お婆ちゃんが乳がんの施術をしたんだけど、永年入院も必要なくて、定期的な通院でやり方を見守って要る状態です。

そういえば前にTVで高齢分娩の事象にあたって案内を通じていたけど、これも見立て技術が発達したとしても不安はあるんですよ。

マミーの体の状態はもちろんだけど、赤ん坊の壮健も。

分娩にはスタミナも必要だし、その後の養育もスタミナ取り組みになってくるから、何となくある程度の生まれを節目に考えた方がいいのかもしれません。

勿論授かりものなので、自分たちが追い求めるタイミングでは乏しい場合もあるは思いますけど。

でも高齢分娩の不安は敢然と考えていた方がいいのかもしれませんね。

具体的にどういう不安が感じるのか・・・とかかな?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です