アデノイド顔貌の人のほうれい線回答には舌回し体操が推薦

亭主は、最近よく聞くようになってきた「アデノイド顔貌(がんぼう)」という人だ。

アデノイド顔貌の人のポイントのちっともに当てはまるからです。取り敢えず小表情。そうしてあごの幅がせまい。前歯のかみ合わせはでこぼこ。下あごが引っ込ん生じる。口息。

アデノイド顔貌は、見た目によろしくないだけでなく、口息にて調子にも悪影響を及ぼします。

口息することで、ホコリや黴菌だらけの乾燥したエアーをじゃんじゃん体内に取り入れていることになるのです。これを聞いただけでも健康に悪そうです。

しかもアデノイド顔貌は、頬がたるみ易くてほうれい線が濃いしわになるそうです。亭主が真にそう!ほうれい線がくっきりとして、年老いて見える。

アデノイド顔貌を多少なりとも改善するために、「寝るときに唇にテープを貼ったり、表情の体操をしたらいいよ」って亭主に教えてあげました。

ただし面倒だからといった自分から流行りたがりません。

仕方なく、私も付き合うことにしました。まずは寝る前に舌回し体操だ。

口を閉じて歯ぐきという唇の間に舌を入れ、ぐるぐるといった回します。右側見回りに20回、左手見回りに20回。これを3合体。口の周りがはなはだ疲れます。何だか後頭部が痛くなります。

そうして寝る前に唇にテープを貼ります。ちょくちょく寝ている間に無意識にテープを外してしまうことがありましたが、頑張って2ウィーク続けました。

亭主のほうれい線がさっとマシになってきました。2ウィークで効果が出るなんてすごいだ。

俺はもとからほうれい線がないので効果はわかりませんが、防衛のために続けていこうと思います。看護師と介護福祉士は、どこが違う?